無料カウンター

人気blogランキングへにほんブログ村 美術ブログFC2 Blog Rankingブログランキングブログランキング 
ブログランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004.11.24

巨匠セザンヌの手紙を書き残した書物の中に、このような言葉があります。


「自然を、円筒形、球形、円錐形によって捉え、それらすべてを遠近法の内に置け。
つまり、ひとつの面、ひとつの物の各局面が、一つの中心点に向かうようにしなさい。

水平線と平行な線は広がりを、つまり自然の一断面を与える。
あるいはお望みならば全知全能にして永遠の父なる神が、われわれの眼前に繰り広げる光景の一断面と言っていいだろう。

この水平線に対して、垂直な線は深さを与える。」
            (エミール・ベルナール宛書簡)
訳者不明


私には、中々理解しがたい言葉であります。
イメージとしては、分からない訳ではないが、真摯に物事の本質を捉えようとした気持ちが伝わる言葉ですね。

私は、もう50の坂を越えたが、芸術における悟りの境地までは、まだまだ遠いような気がします。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。